第11回湘南国際マラソン2016

湘南国際マラソンに出場された皆さん、お疲れ様でした!

今日あたりが、ロボット歩きのピークだったはずですが、カラダの調子はどうですか?

ということで、湘南国際マラソン2016、無事に完走してきました!

今回は、チャリティチャレンジャーとしてエントリーし、そこで4時間以内でゴールする「サブ4」宣言をしていましたが・・・

達成ならず(泣)

グロスタムと言われるスタートの号砲からゴールまでのタイムは4時間07分03秒
そして、スタートラインからゴールまでのネットタイムが4時間2分35秒でした。
順位は4059位/13113人中(一般男子の部)
※速報タイムがホームページに掲載されていますので、ぜひご覧ください→「速報タイム」

データで見る前回との違い

昨年のタイムはグロスタイムで4時間36分53秒。Polar Flowのデータでは、1kmを平均6分16秒で走っていまいた。

サブ4を達成するには、1kmを5分40秒で走り続けることが必要になりますが、今年のデータを見てみると、5分41秒!惜しい!

今回は前半を1km5分30秒から5分25秒前後で走っていき、20km過ぎからややペースアップ。
リアルタイムでの10km毎のタイムが見られるサービスで確認してみると、20-30kmの区間が一番良いタイムだということがわかりますね。心拍数のデータを見てもこの区間が高くなっているのがわかります。

しかし、マラソンの魔物は30km以降に潜んでいます。今回は遭遇してしまいました!笑

10km毎のタイムを見ると、1時間02分14秒かかっています。そこまで55-56分で行けていましたが、ここで明らかにペースダウンしたのがわかります。

この区間は、やっぱり脚が辛くなりましたね。心拍数は30-40kmまでは下がっているのがわかると思います。
行きたくても行けない、もどかしい感じだったのです。

ここを脚が辛くても行けるようにするのが、次の課題ですね。

ただ、歩幅(ストライド)やケイデンス(ピッチ)を見ると明らかに前回よりも良くなってきていますし、これだけ高い心拍数で走り続けることができたので、昨年からは大きく進歩することができました。

それだけが救いです(笑)

東京マラソンでは3時間45分を目標に

次は2月26日の東京マラソンです。

湘南国際マラソンと比べると、下りや平坦が多いので、今回よりももう少し楽に走れるはずですので、目標タイムは

3時間45分!!

必ず達成できるよう、またトレーニングに励みたいと思います。

人それぞれ色々なドラマがあるマラソン

今回も、いつもオートバイのレースをしているBagus!モーターサイクルのみんなと参加しましたが、みんなそれぞれに目標や今のトレーニング状況があり、走ってみたら思いのほか走れたり、思い通りに走れなかったり・・・結果もそれぞれでしたね。

 

今回は残念ながらリタイヤになってしまった仲間もいましたが、悔しい結果も嬉しい結果も、それぞれが楽しんでいたように私は感じました。

今度はみんなが目標通りにゴールしましょう!

何より、それぞれのスタンスでランニングを楽しんで、走り続けてもらえれば良いなと思います。

P.S. コース脇の応援メッセージでいつも心に響く言葉「痛い・苦しいは、気のせいです!!」